愛知製鋼(株)知多工場殿に納入した自動マクロ装置は
'05年10月で、稼働開始 丸10年を迎えました。

納入以来、サイエンス・サービス(株)の直接補修は
行わず、電話対応と部品供給をさせていただき
今日まで、稼働しております。

しかし、サンプルを搬送するためのアームの腐食が進み
'05年7月に取り替え工事をさせて頂きました。

その時、全機能が、問題なく動作していることを
確認致しました。

写真は、'05年7月撮影


塩酸加熱槽と塩酸配管、そのバルブです。
一部のバルブについては、ユーザーの手による交換がなされています。

配管の変色の具合より10年経過していることが分かります。


装置の後部に設置された
塩酸循環ポンプ・廃液ポンプ洗浄水調整槽などです。

pHを自動調整された洗浄水をポンプで、噴射致します。

塩酸循環ポンプ・廃液ポンプは、簡単に交換できる位置にあり
ユーザーの手で交換修理がなされております。